終活で人生をより豊かに。

彼是(アレコレ) 1024〜供養に関する
または、それ以外の小ネタ集〜

彼是(アレコレ) 1024〜供養に関する
または、それ以外の小ネタ集〜
お寺情報, その他 全国
2018/10/24

1つの記事にネタ4つありますが、それぞれ数秒で読みきれます。日々の暮らしの中で見つけた供養に関する(またはそれ以外の)彼是。

 

#ワンダーウォール #京都 #HIPHOP #メンタルヘルス #慈恩寺 #十二神将 #水


01)
(ページ冒頭の写真)

NHKで放送された京都発地域ドラマ『ワンダーウォール』

 

百年以上の歴史ある京都の学生寮「近衛寮」を舞台にした青春物語(ネットで話題になっており、なんとか再放送で見ることができました)。寮生自らが管理運営に関与している自治寮である近衛寮で、老巧化による寮の建て替え議論が起こり、大学側との交渉を続ける中での寮生それぞれの葛藤や喪失感、――この多様性を互いに認め合いながらも無秩序でいて現代にとって重要なもの(?)が詰まっている――大切な場所を守ろうと、もがく若者達の輝きが描かれています。また再放送されることを期待しています。

02)
自殺3万人時代 倒産パワハラ 経済損失
(2018.7.22 朝日新聞) ※上記写真は記事内容とは無関係です

 

こういった話題はあまり身近に感じたくないわけですが、ただ、個人の心の問題ということだけはなく、これだけ数が多いということはもはや社会全体が抱える問題なのだ。と改めて考える必要があるのではと思い、この記事を紹介しております。

新聞記事の見出しに「職場から思いやりが消えた」という一文がありました。社会が悪いのか会社が悪いのか世間が悪いのか個人が悪いのか…それら全てに一因があるのかもしれませんし、はたまた「敵はこのなかにいない」のかも。

03)
HIPHOPのメンタルヘルス観の変容/「男らしさ」から「脆弱性」へ
(辰己JUNKエリア 2018.6.2より) ※ブログのスクリーンショット。怒られたら差し替えます。

 

今年2018年、平成最後のフジロックFesはボブ・ディランとケンドリック・ラマーが登場した歴史的なもので… とはいうものの、結局今年も現地には行けずに、YouTubeライブ配信をちょこちょこと見ただけでした。何が言いたいかというと、やっぱりフジロックには行けなかったけど、自分の中でHIPHOPが以前よりも少し身近になったように感じる年であり、そんな個人的なきっかけはどうであれ、ひとつの音楽ジャンルHIPHOPが世間に与える(またはこちらが感じる)イメージや印象、描かれるモチーフも日々変わってきている――ということなのだと思います。

 

上記リンクの辰己JUNKさんのブログ記事では、年代毎の特徴や変化について詳しく掲載されておりますので、興味のある方はご一読ください。

04)
ラベルに十二神将立像!! ミネラルウォーター「寒河江の水」
(上記の写真は、慈恩寺の本堂です)

 

閑話休題。山形県寒河江市の慈恩寺に安置されている国指定重要文化財「十二神将立像」がラベルにデザインされたミネラルウォーター「寒河江の水」をご存知ですか。2018年3月26日付けの山形新聞によると、十二神将にちなんでラベルは12種類。寒河江市が作り、同市のイベントや会議等で提供されていたようです。

 

「なんで水なのに十二神将なの?」と素朴な疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、もしかしたらラベル12種類を全部集めたい!!という欲望に駆られる老若男女もいたりして、慈恩寺や十二神将の根強いファンの方々からの後押しがあれば、もっと話題になって通販とかで購入できるようになるかもしれません。
(または無風で終わるかもしれません)
(これから紅葉の季節。山寺羽黒山も良いですが慈恩寺もどうでしょう)

 


コーンポタージュはクルトン派
@ハカライフ編集の冨沢でした。

e.Tomizawa

妻1人子1人。PascoのパンとCoCo壱カレーが好き。

仕事と子育てと消防団に日々奔走中!

好奇心だけを頼りに、様々な情報を発信予定。