終活で人生をより豊かに。

「うさぎ市」という名のマルシェ

「うさぎ市」という名のマルシェ
終活, イベント 山形県
2018/10/02

初投稿のライター結城と言います。

 

今回取材させてもらったのは「うさぎ市」というマルシェ。

 

まず、なぜうさぎ市というマルシェに行ったかというところだが、以前違うライターの方が終活カフェの記事を書いていた山形県山形市にある「終活Café SHI:KI」で開催されていたからだ。

うさぎ市とは?

うさぎ市とは?

初めて聞く人はうさぎの展示即売会かな?と思ってしまいそう。

実際にはうさぎの生体は販売していない、売っているのはうさぎの形をしたハンドメイドの作品だ。

もちろん出店者の方の普通の作品も販売されてある。

 

主催者の方に聞いたところ、うさぎのグッズを一つは販売するルールになっているらしい。

うさぎの形のクッキー、うさぎのデザインの入ったポーチなどたくさんのうさぎグッズが販売されていた。

 

出店者の方になぜ参加しているのか聞いたところ、普段趣味でやっている事が沢山の方と触れ合えるキッカケになるのがいい。普段の生活では出会う事が無い方と出会えるから素晴らしい。という答えが返ってきた。

 

 

普段の生活では中々うさぎと触れ合う事も出来ない中、更に、たくさんの人と出会う場所はそうそう無いだろう。現実逃避できる様なスペースが上手く造り出されていると感じた。

終活カフェも出店?

終活カフェも出店?

店舗を貸し出している終活カフェのスタッフの方も出店しているようだ。

内容はエンディングノート一冊とアドバイスが付いてくるというものだ。

 

様々なエンディングノートを取り扱っていた。

この種類の多さならどんな方でも自分に合ったエンディングノートを見つけられるだろう。

うさぎ市についてカフェスタッフはこう言う。

「終活とは全く関係が無いと思っている方が沢山来るので、実はみんなどこかで関係があるという事を知ってもらえるいい機会です」

実際に終活を考えていない人が来ることによって、初めて見るものがあったりして終活を実感してもらえるのだろう。

 

終活カフェは土・日・祝日はカフェとして営業していないが、レンタルスペースとして貸し出しているようで、平日に借りたいという希望者にも対応してくれるそうだ。

 

 

うさぎ市は毎月第一日曜日に開催している。

全国でもそんなに多くない室内型マルシェだから天候に左右される事が無い。それも人気の秘訣だろう。

たまにはこの様な場所に行って現実逃避してみるのもいいだろう。

 

興味がある方は各Facebook、HPを覗いてみるのもいいだろう。

うさぎ市Facebook⇒https://www.facebook.com/usagiichi3/

Cafe'SHI:KI Facebook⇒http://syukatsusekkei-naigai.com/cafe/

終活設計ナイガイHP⇒http://syukatsusekkei-naigai.com/

t.Yuuki

1992年生まれ 独身

学生時代からサッカーに打ち込み、社会人となった現在も学生サッカーのコーチとして活躍中。

墓石店への転職をキッカケに終活記事も書く。