終活で人生をより豊かに。

墓石会社が「ピザ窯」販売!? 国産の大谷石製、加工や施行の技術応用 SNSなどで話題に

墓石会社が「ピザ窯」販売!? 国産の大谷石製、加工や施行の技術応用 SNSなどで話題に
お墓情報, その他 全国, 山形県
2018/09/21

↑終活設計ナイガイのピザ窯チラシ

 

 

#暮石店 #ピザ窯 #SNS #バズる #大谷石

 

 

 

秋彼岸も入り、いまインターネットのSNS(ソーシャルメディア)のツイッターにて「暮石店が手がける!ピザ窯」が話題になっているのはご存知だろうか。

 

その記事が

朝日新聞が運営しているニュースサイトwithnews

「オトナの教養エンタメバラエティー 大人んサー」

「FNN PRIME」

「livedoor NEWS」

「msnニュース」

堀江貴文さんのツイッター」

 

などなど、各メディアや著名人のSNSを賑わせている。

 

 

 

 

その話題の「ピザ窯」を設計・販売してるのが、山形県山形市に店鋪を構える「終活設計ナイガイ(旧 一休さんのナイガイ)」だ。

 

 

 

 

終活や墓石販売を手がける会社が、なぜピザ窯を販売することになったのを取材してきた。

 

 

――ピザ窯を販売するに至った経緯は?

当社は建築石材製造の会社として50年前に設立したのですが、設立後間も無く、墓石
の需要の高まりを機に、墓石の製造卸をメイン事業へとシフトしました。現在でも売り上
げの8割は墓石卸です。ここ20〜15年ほどの間に、墓石の新規建立件数と単価は年々減少
基調にありまして、石材メーカーとして墓石以外の石製品を商品化できないかと社内アイ
デアを募ったり、地元の芸術大学とコラボレートしたり様々な試みを行ってきました。そ
のアイデアの中の一つがこのピザ窯です。

 

 

 

ピザ窯を販売しているのは、山形市にある「終活設計ナイガイ」

ピザ窯を販売しているのは、山形市にある「終活設計ナイガイ」

墓石を中心に、や仏壇仏具の販売、墓地霊園の設計施工や管理などを手がけており、終活カフェも併設している。

 

 

――「一休さんのこだわりピザ窯」はいつから販売されているのでしょうか?
今回twitter話題になったチラシは10年ほど前でしょうか。現在は「終活設計のこだわりピザ窯」とし販売されています。

 

 

――現在までにどのような方が購入されたのでしょうか?
個人がお庭に設置するパターンがほとんどですが、一件ピザ専門店にオーダーで納入させていただいたこともあります。

珍しいところではお寺さまがご購入されたケースもございます。

 

 

 

 

意外と幅広い人々が買っているようだ。

 

 

 

 

 

 

ピザ窯の素材は石蔵などで使われる大谷石。

ピザ窯の素材は石蔵などで使われる大谷石。

――大谷石製とありますが、これはピザ窯に向いている石材なのでしょうか。
凝灰岩という属性の石材です。耐火性と保温保湿性からピザ窯としては国産材で最適と
思われます。

 

 

――大谷石はお墓に使われている石ですか?
大谷石は、今現在は墓石材として使用されることはほぼありません。

経年変化の問題、特に吸水率が高く結晶が荒いくお墓の素材とては使われなくなりました。

現在の暮石は中国やインド産の花崗岩(御影石)やハンレイ岩を中心に使われています。

 

 

 

 

 

石窯で焼いたピザはやはり美味い!?

石窯で焼いたピザはやはり美味い!?

 

 

――この石窯とレンガの窯との味の違いは?
この石窯は国産の大谷石を使用しています。

耐火レンガに比べてやはり価格が高くなりますが、据付のものですので、まずエクステリアとしてルックスの高級感が全く違うという点。

石材の保湿性と保温性がよく、焼き上がりの味も美味しい!!ような気がします。

気のせいかもしれませんが ^^;

 

 

――石窯の価格を教えてください。

2段式の方は本体が39万5000円フタが2万5000円、台座が3万6000円となっています。

 

1段式の方は本体が31万5000円、台座が3万6000円となっています。

 

一休さんにピザ窯とはなんともシュールで話題性も抜群である。

 

 

実際この窯が導入されているレストランはこちら

山形県上山市「ジローズ ピザ」

地元でも美味しいと話題のピザ専門店で、本格的なピザが味わえる。

 

一度はこのピザ窯で焼いたピザを食べてみたいところだ。

 

 

 

 

 

 

「ジローズ ピザ」

(〒999-3142 山形県 上山市沢丁6−18)

 

 

筆者の他の記事

 

・遂に「持ち運べるお墓」が登場⁉︎

老後「2000万円不足」問題を考える。

・デジタル終活とはなんぞや?

・終活で「メルカリ」を使うシニア世代が急増中!その訳とは?

・現代の駆け込み寺!?「坊主バー」が山形に!

・今話題の「散骨」・・・現状と問題点

・「宗教に関する日本人の意識と行動」調査

・5組に1組は熟年離婚。離婚から始める終活とは?

「認知症患者の凍結資産 200兆円」終活が救う日本の未来

・年賀状を辞退!?終活年賀状とは

・墓じまい「遺骨の取り出し」の実情

・「墓詣で」という昔ながらの新しいイベント

・「墓じまい」ってどうするの?

北海道胆振(いぶり)東部地震における「墓地」被害情況レポート

・墓石会社が「ピザ窯」販売!? 国産の大谷石製、加工や施行の技術応用 SNSなどで話題に

・これからの墓地のキーワードは「エコ」「耐震」「デザイン」

・注目を集める公営「合葬墓」ってなに?

・世界遺産の平泉「中尊寺」に行ってみた。

・世界最悪レベルの原発事故から7年 復興の道は遠い?

・ギモン解決!「終活」ってどこに相談したらいいの?

・認定NPO法人「被災地に届けたいお地蔵さんプロジェクト」を取材した。

 

m.Handa

趣味は温泉めぐり。 北日本各地で店舗運営の経験を持つ。
このサイトの制作ディレクターでもある。

地域のマルシェ、イベントなどの企画や運営も行う。