終活で人生をより豊かに。

認知症の発症予防に向けて何をすれば?

認知症の発症予防に向けて何をすれば?
終活 全国
2020/10/25

認知症の原因疾患の発症に関わる危険因子と保護因子を理解し、日々の生活習慣を健康的なものに変えていくことが認知症の発症予防につながります。

 

 

 

認知症の発症予防に関係の深い「危険因子」と「保護因子」

危険因子の排除と保護因子の促進が認知症の原因疾患の抑制に関係しているといわれています。

 

認知症の発症予防には年代に即した取組みが大切

認知症の発症予防は高齢者になっ てから始めるものという考え方は誤りです。

 

危険因子と保護因子が認知機能低下にもたらす影響は年齢によって異なるといわれており、例えば 若年期なら高等教育の機会の充実、 中年期は生活習慣病対策、老年期は積極的な社会参加というように、各年代に即した予防活動の取組みが求められています。

 

健康的な生活への改善が認知症の発症予防につながる

 

現在、認知症の確実な予防方法は存在しません。

しかし、危険因子や保護因子の研究が進み、日常生活に取り入れることのできる予防活動について明らかになってきました。特別なことをする必要はなく、生活習慣病の予防や重症化予防、運動の習慣化、食生活の見直しなど、健康増進のために当たり前に行うべき行動が認知症の発症予防に向けた取組みとなります 。

 

↑SOMPO認知症サポートプログラム資料より転載

 

 

 

 

認知症に備える

 

この認知症に備える事ができる保険があるのはご存知でしょうか。

それがSOMPOホールディングス株式会社の「認知症サポートプログラム」という保険です。

ホームページ→https://www.sompo-egaoclub.com/sompo-dementiasupportprogram/

 

「SOMPO認知症サポートプログラム」は、認知症に備える・なってもその人らしく生きられる社会を目指すための取組みとのこと。
興味のある方は、上のホームページを見てみてはどうでしょうか。

 

 

 

m.Handa

趣味は温泉めぐり。 北日本各地で店舗運営の経験を持つ。
このサイトの制作ディレクターでもある。

地域のマルシェ、イベントなどの企画や運営も行う。