終活で人生をより豊かに。

秋分の日は、
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」

秋分の日は、
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」
供養 全国
2020/09/20

秋分の日は、1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」によって制定されました。

 

「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」とされています。

戦前、秋分の日は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と呼ばれていました。

 

秋季皇霊祭とは、毎年秋分の日に宮中で、歴代の天皇や皇族の神霊をまつる儀式です。

その後、庶民の間にも徐々に広がり、戦後「秋分の日」と改名されました。

 

株式会社日比谷花壇様ホームページより転載

 

秋分とお彼岸の関係

秋分とお彼岸の関係

お彼岸は年に2回あり、春分の日にあるお彼岸を「春彼岸」、秋分の日にあるお彼岸を「秋彼岸」と言います。

 

しかし、なぜ秋分の日と春分の日がお彼岸なのでしょうか。

 

「彼岸」とは先祖がいる「極楽」を指します。

反対の「此岸(しがん)」とは私たちが生きている世界のことです。

 

仏教では、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置すると考えられています。

春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられました。

 

以上の理由から、春分の日と秋分の日に先祖を供養するようになりました。

 

春分の日と秋分の日はお彼岸の中日にあたるため「彼岸の中日」と呼びます。

仏教では「中道」という考えを重んじています。

 

中道とは「苦」「楽」「有」「無」にとらわれない偏りのない立場のことです。

昼と夜の長さが同じである春分の日と秋分の日は、中道を象徴した日と考えられました。そのため中道を象徴したこの日は、仏教に励むようにと意味が込められています。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」という有名な言葉があります。

 

お彼岸は季節の変わり目を感じることができる日です。

農耕生活が中心だった時代、日本人は太陽を崇拝しており、気候が良いお彼岸は五穀豊穣を祈願する絶好の時期でした。

 

春分の日は種まきが始まる時期で、秋分の日は収穫の時期です。

そのため、春には収穫を祈り、秋には収穫を感謝してお供えをしたと言われています。

 

昔からある日本の自然信仰と仏教の教えが結びつき、お彼岸は定着しました。

 

株式会社日比谷花壇様ホームページより転載

 

秋分の日の行事とお供え物

秋分の日の行事とお供え物

秋分の日には、家族でお墓参りや寺で開かれる彼岸会(ひがんえ)に行く方もいると思います。

 

秋分の日は、お墓周りや仏壇周りの掃除をしましょう。

秋分の日のお供え物といえば「おはぎ」が定番です。

 

実は秋分の日にお供えするおはぎと、春分の日にお供えするぼたもちは同じもので、名前だけが異なることをご存じでしょうか。

おはぎは秋に咲く萩の花にちなんで、ぼたもちは春に咲く牡丹の花にちなんで名付けられました。

 

日本では昔から、小豆には邪気を払う力があると信じられていました。

お彼岸におはぎやぼたもちを供えることにより、祖先への供養を行います。

 

 

秋分の日は祖先の供養や季節の変わり目を感じることができる日です。

日本の生活習慣に根付いており、仏教の教えと深く結びついています。

 

秋分の日は、おはぎを作り家族と一緒にお墓参りに行ってはいかがでしょうか。

お墓参りの際は、季節に合った花も一緒に供えることをおすすめします。

 

株式会社日比谷花壇様ホームページより転載

 

m.Handa

趣味は温泉めぐり。 北日本各地で店舗運営の経験を持つ。
このサイトの制作ディレクターでもある。

地域のマルシェ、イベントなどの企画や運営も行う。