CONTENT

登米シリーズ第3弾「登米発!昭和が薫る、楽しい田舎のシニアライフ」自分の人生は誰のためにあるの?

2017/12/27

セカンドライフ宮城県登米市

登米シリーズ第3弾「登米発!昭和が薫る、楽しい田舎のシニアライフ」自分の人生は誰のためにあるの?

上記写真は、石ノ森章太郎ふるさと記念館前庭園のクリスマスイルミネーション

 

 

 

自己紹介 千田 久勝 ・地域の暮らしを明るく照らす、灯(あかり)ライフサポート 代表支援員

 1977年生まれ。安心して生活出来る住環境を作るサポートをしています。趣味は昭和レトロな薫りがする物や場所です。このコラムでは「昭和レトロ」と「シニアライフ」ネタで、読んでいただく方に和んでいただきたいと思います。

 

 

#シニアライフ #石ノ森章太郎 #里山林農元気村 #ワタナベ薫

 

 

 

 

「自分の人生は誰のためにあるの?」

皆さんこんにちは。

 

今回もコラムをご覧いただきありがとうございます。

お忙しい時期かと思いますが、ひとときのリラックスタイムのつもりでお読みいただければと思います。

 

 

 

私の住む宮城県登米市石越町に隣接している町に登米市中田町があります。

 

中田町は仮面ライダーやゴレンジャーなどの原作者である漫画家の石ノ森章太郎先生の故郷です。

 

 

 

今から15年前、石ノ森先生の生家の近くに「石ノ森章太郎ふるさと記念館」がオープンしました。

年間を通じて様々な特別企画展を開催し、常設展には貴重な原画や生前の愛用品、伝説のトキワ荘の部屋も再現してあったりと盛りだくさんの展示を見に日本全国、全世界から沢山のファンが訪れているとのこと。

 

 

石ノ森章太郎ふるさと記念館では毎年クリスマスまでイルミネーションが記念館前の庭園を彩っているのはご存知でしょうか?

 

 

石ノ森章太郎先生という地域の偉人の功績を登米市民は記念館に足を運ぶ事によって感じる事が出来ます。

 

石ノ森先生は60歳という短い生涯を閉じられました。

私は当時19歳でしたが石ノ森先生の訃報はとても衝撃が走った記憶は今でも覚えています。

 

 

時々、仮面ライダーや石ノ森先生にゆかりのある漫画家さんや俳優さんがトークイベントで記念館を訪れる事があるので、近い事もあり参加していますが、生前の石ノ森先生のお話しをお聞きする度に会ってみたかったという思いが募ります。

 

 

そして、石ノ森先生はたくさんの人の心の中に生き続けている事を実感します。

 

 

まだ石ノ森章太郎ふるさと記念館に行った事が無いという方は是非足をお運びいただき、現地の人たちとの会話の中に生きる石ノ森先生に会ってみていただきたいと思います。

 

 

 

 

ご当地納豆「里山納豆」

そして「ご当地納豆」も同じく登米市から・・・

 

今回は登米(とめ)市登米(とよま)町で作られている「里山納豆」です。

 

 

この納豆の特徴は物凄く大粒である事でしょう。

 

 

ミヤギシロメという登米町産の大豆を使用。

タレは付いていませんのでお好みの醤油や塩などをかけて食べます。

 

大粒でパックも大きめなので食べ応えは十分!

 

ラベルの文字はアパレルブランド「yasu」を展開しているデザイナー・小山康博 氏が手掛けているのも特徴的です。

 

 

三陸自動車道の登米ICから登米町方面に車で3分の所に元気村はあります。

 

石ノ森記念館からも遠くありませんので是非食べて欲しい逸品です。

 

 

お問い合わせ先:里山林農元気村 ℡0220-52-3075

 

 

 

 

カリスマ人気ブロガーのワタナベ薫さん(宮城県出身)の新刊「幸せになる女(ひと)の思考レッスン

 

前回のコラムでは「自分らしい生き方の第一歩を踏み出そう」というテーマで普段の生活から外に一歩足を踏み出してみませんかという事と私が有志で参加しているオレンジカフェ(認知症カフェ)のご紹介をさせていただきました。

 

 

今号の石ノ森記念館の紹介もオレンジカフェも普段の生活から一歩踏み出す為のきっかけとしてお伝えしましたが、なぜそういう事をしなくてはいけないのか?

 

今回はその辺りの事をもう少し深くお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 先々月のコラムでスマホは便利ですよというお話しをしましたが、昔の携帯電話に比べて、カメラの性能も使いやすさも大きく飛躍しました。

 

そして様々なアプリが開発され、特に写真SNSアプリで人気があるのが「インスタグラム」だと思いますが、SNSに投稿して多数の人達に喜んでもらう事を目的とした写真の事を「インスタ映え」と言います。

 

 

他の人に喜んでもらえる事はとても幸せな事のように感じますが、自分の価値観では無く、他人の価値観に合わせているという、ある意味で自分らしさを失う行為になってしまっていないでしょうか?

 

 

SNSは人と人との繋がりを感じる為のシステムで、記事の投稿に対し「いいね」という共感のリアクションを通じてコミュニケーションを図ります。

 

独自性が強く共感しにくい投稿にはなかなか「いいね」は付きません。

 

 

でもよく考えれば、「いいね」というリアクションをもらう事を目的としている人は、他人に対する依存度が高い可能性があるように思い、自分らしい生き方では無いように感じます。

 

 

 

カリスマ人気ブロガーのワタナベ薫さん(宮城県出身)の新刊「幸せになる女(ひと)の思考レッスン (2017光文社1,400円+税)」のサイン本を見つけて購入しました。

 

 

タイトルを見ると一見女性向けの本に思いますが、立ち読みしてみたら男性でも無関係では無いように感じました。

 

 

この本の冒頭に

「あなたは今、幸せですか? (中略) 誰かの価値観に合わせて人生を歩もうとしていませんか?」

という問いかけがあります。

 

 

皆さんはいかがでしょうか? 

 

 

誰かの価値観に合わせてしまっていませんか? 

 

 

私はこの本とても参考になるいい本だと思います。

あまり時間をかけずに読み終える事が出来る作品です。

 

 

ただ、「思考のレッスン」という事もあり、各章の最後にワークシートが付いており、

これを書いてみてさらに内容が深まると本となっています。

 

是非読んでワークシートを書いてご活用いただければと思います。

 

 

 

自分らしく生きる術を見つける事、それこそが幸せな自分の人生を歩む事なんだと感じます。

 

 

年をとっているから今からじゃ遅いなんて事もありません!

 

今の自分をしっかりと見つめ、今を生きる。

 

これからの人生が幸せな日々になりますように・・・

 

 

 

その一歩を踏み出せる新年が迎えられますように心からお祈りしております。

 

 

 

 

 

▲▽▲登米シリーズ第1弾「登米発!昭和が薫る、楽しい田舎のシニアライフ」▲▽▲ はコチラから

 

△▼△登米シリーズ第2弾「登米発!昭和が薫る、楽しい田舎のシニアライフ」「自分らしい生き方の第一歩を踏み出そう」△▼△はコチラから