CONTENT

寺フェスって何だ?-後編
~音楽と煌きの堂内発射!!体験レポ~

2017/09/21

イベント山形県

寺フェスって何だ?-後編
~音楽と煌きの堂内発射!!体験レポ~

#お寺 #フェス #音楽 #朝日町 #若宮寺 #説法 #思いやり

 

純米大好き @ハカライフ編集の冨沢です。
りんご温泉で購入した朝日町版限定チケットを握り締め、

9月16日(土)「寺フェス’17 in 山形県朝日町若宮寺」へお邪魔させていただきました。

お寺の本堂をステージとした迫力の演奏と、心温まる登坂高典住職による

説法――若宮寺の成り立ち、歴史に関するお話と思いやりの心の大切さについて

 

そして幅広い世代が集う会場内(=お寺)は、親切な運営スタッフの方々をはじめ、

主催の登坂尚高氏の人柄に由来するかのような助け合い譲り合いのある

アットホームな雰囲気で、最初から最後まで楽しく過ごすことができました。

 

出演者タイムテーブルは以下の通り


12:40 桃色ウサヒ

13:00 上田秀一郎&豊山太鼓千響

13:50 どついたるねん

15:00 登坂尚高

15:50 登坂高典(説法)

15:50 桃色ウサヒ(闇のジャンケン大会)

16:20 三輪二郎

17:20 松本素生

18:30 大森靖子

人生には荒波もある。しかし人は涙を流すことで、自分というものを
取り戻す。だから「泣く」という字には「立」が入っているのだ。
――登坂高典住職による説法の一節が心に染みました。

 

素敵な音楽と人々との交流を通じて、お寺という場所や、地元である

山形県そして朝日町に対する親近感がさらに増し増しになっただけでなく、

より優しく強く生きるためのヒントを教えていただいたように思います。